症状 思考 日記

気分変調症の、症状、思考、日記

見たくないもの①

目にすると、ネガティブな考えを催して気分が暗くなるので、あまり見たくないものがある。

 

その1。

 

子どもを連れた父親or子どもを連れた夫婦。

 

道を歩いていて、あるいは公園にいて、子どもを連れた男性を見ると、どうにもだめだ。

そのとき私の頭に浮かぶのは、「こうして子どもと過ごしていても、裏では不倫をしていたり女遊びをしていたりするんだ」という考え。

目にするたび、たいてい浮かぶ。特に子どもが幼いほど。

 

5月5日、子どもの日。

公園でパンを食べていた。子どもと遊ぶ父親が何人かいた。

キャッチボールをする人、飛行機を飛ばす人。

初めは、子どもの日だからかなあと何気なくと見ていたけど、そのうち上記の考えがもわもわと出てきた。

目の前の「子どもと遊ぶ父親」の姿に、想像の中の「妻(∈家庭)を裏切る人」の像がちらついて、気分が悪くなった。

 

そういう考えが発生してもたらされた暗い気分は、どんどん私を侵食して、ひどいときはその後1日中暗い気分をひきずったりする。

 

だけど、そういう日はもともと調子の悪い(ネガティブな考えを発生しやすい)日だから、そもそもネガティブな考えが出てきているのかもしれない。

 

男女逆の場合、そういう考えは出てこない。「この母は裏では夫を裏切っているんだ」とは。

私が女だからか。

 

最近は、子をつれた父親を見たら、すぐに目をそらすようにしている。