症状 思考 日記

気分変調症の、症状、思考、日記

落ち着かないとき

きょうは全くわけのわからない日だ。

 

朝から元気に活動した。

早々に区役所に行き(就労の相談をした)、保健所に行き(役所のひとに保健所に回された)、帰ってきてPCに向かって雑用をした。

 

お昼から、診察。待合室で座った途端、なぜか突然眠くなった。

おかしいな。本読もうと思ってたのに。眠いし、体がだるい。座っていられない。横になりたい。早く呼ばれないかな。

呼ばれるまで20分くらい待ったけど、なんと長く感じられたことか。

 

午後、食後にサインバルタを飲んで、眠いので寝る。長めに寝ようと思ったが、家の中がうるさくて小一時間で目が覚める。

だけど相変わらず体がだるい。生理前だからかな、とか思っていると、突然腹痛。腹痛は生理の予兆。

・・がしかし。今に至るまでまだ生理は来ない。

うーん、腹痛は薬の副作用か?

 

困ったのはそのあと。

どうにも落ち着かないんだ。眠くてだるいのに頭はヒートしていて、なんとなくいらいらするし、足がむずむずする気がする。

なんなんだ。ここ数日疲れていたせいか、それとも副作用か。(サインバルタは飲み始めたばかりだ。)

 

部屋で本を読みたかったけど全く集中できないので、散歩に出た。

部屋にいるときよりはましだけど、やっぱり落ち着かない。このままいったら発狂するんじゃないか、感。

 

パキシルを飲んだ時は、これをもっとひどくした感じだったのを思い出す。

やっぱり副作用か?

 

パキシルのときは、かなりつらかった。何をしても落ち着かないのだが、ひとつだけ少しましになる行動があった。歌うこと。

鼻歌でもよい。ただし音楽を聴きながらはよくない。音が刺激になっていらいらするから。

何でもいいから、口ずさむと、すこし気分が落ち着く。

なぜかはわからないけど、たぶん、発狂しそうなとき=大声を出したい感があるときなので、歌って自分の声を出すというのがそれにすこし似ているからかな。

 

ただし閉鎖された空間では息苦しくてだめなので、外で歌う必要がある。。

 

川辺とかね。明日以降、困ったら川辺に行こうかな。

 

もしかしたら川辺で歌ってるひとってこんなかんじで副作用対策だったりして。

 

なんだかまとまりのない文を書いたな。