読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

症状 思考 日記

気分変調症の、症状、思考、日記

クエチアピン(セロクエル)

一般名クエチアピン12.5mg。(※先発品は商品名セロクエル) 非定型抗精神病薬の一つ。

 

処方は毎日就寝前1錠。

 

エビリファイで不眠なので、眠れるように就寝前にのむことになった。

 

こいつはちょっと使いにくい。

副作用はいまのところないのだけど、適量を見極めるのが難しいのだ。

その日の体調によるのかなんなのか、同じ量(12.5mg)をのんでも、日によって眠気が異なる。

上手く眠れてちょうど良いときもあれば、起床後も眠気が残って困るときもあるし、中途覚醒するときもある。日によって用量を調節しなくちゃいけないかもしれない。

 

一昨日の夜は12.5mgのんで翌日昼過ぎまで眠くて困ったので、昨夜は半錠に割って6.25mgでのんでみた。

結果、中途覚醒なく朝まで眠れた。アラームをかけていたが眠くて睡眠を延長した。6.25mgでもやや多かったのか。

 

主治医は初め、12.5mgか25mgで使おうと思うという話をしていた。

(ちなみに1度だけ25mgでのんでみたら、翌日眠すぎて使い物にならなかった。)

用量についてはまた今度相談してみようと思う。

 

不眠に対する効果という意味では、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりもよい。

クエチアピンの方が、よく眠れる感じがする。