症状 思考 日記

気分変調症の、症状、思考、日記

動悸①

気分、ではなく、体に現れる状態のなかで一番注意を払っているのは、動悸だ。 動悸といっても、状態や要因にいろいろある。と思う。 一つ目は、パニック発作。 3年前、パニック発作を体験した。 幸い数回だけで、以後は起きていないので、パニック障害、とは…

リフレックス

リフレックス錠15mg。一般名ミルタザピン。NaSSA(抗うつ剤の一種)のうちの一つ。 処方は「1回半錠(=7.5mg)就寝前」。 最近中途覚醒が多い、と主治医に告げたら処方された。 眠りやすいらしい。 ただし、副作用で3割くらいの人は翌日昼過ぎまで起き上が…

聴覚過敏

調子が悪い日、特に疲れているのにうまく眠れなかった翌日なんかは、聴覚が過敏になっている。 うるさい。 とにかく音が苦痛だ。 朝目が覚める前後から、テレビの音、家の人の会話、生活音が耳障りだ。 窓が開いていようものなら、外の通行人の音や工事の音…

見たくないもの①

目にすると、ネガティブな考えを催して気分が暗くなるので、あまり見たくないものがある。 その1。 子どもを連れた父親or子どもを連れた夫婦。 道を歩いていて、あるいは公園にいて、子どもを連れた男性を見ると、どうにもだめだ。 そのとき私の頭に浮かぶ…

パキシル

パキシル5mg。一般名パロキセチン。SSRIのうちの一つ。 抗うつ剤のうち、初めて使ったのがパキシルだった。 処方は「5mgを就寝前に1錠」。 ぐぐると、「原則として、5mg錠は減量又は中止時のみに使用すること。」と書いてある。開始時に用いたのは主治医なり…

ワイパックス

ワイパックス0.5mg。一般名ロラゼパム。 安定剤の中では一番お世話になっている。 2年前、動悸で悩まされたときに内科で出したもらったのが初め。 以来、頓服でもらったそれを「困ったとき」に勝手に自己判断で飲んでいた。 困ったときというのは ・どきど…

元気の実態

今日は“元気”だ。 主観的に「元気だな」と感じるし、たぶんはたから見ても元気だと思う。 元気の特徴 1.動作が速め。 てきぱきしてる。何につけても。皿を洗うにしても、ドアを開けるにしても。 2.頭への情報の入力を厭わない。 新聞を読むとか、ネット…

開設趣旨

昨日は調子が悪かった。 いろんなネガティブな考えや思いが、頭の中に居座った。 こういうのは、どうしたらいいのか。 誰かに聞いてほしいのか。 だけど人目に付くSNSにつらつらと書き続けるのは気が引けるし。 でもどこかに残しておきたい。 その中の一部は…