読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

症状 思考 日記

気分変調症の、症状、思考、日記

ハードル

仕事の話。

 

「一般雇用でいいでしょう」と主治医が言う。

「一般でいけると思う」と就労移行のスタッフも言う。

 

一般でいこうかな、と自分でも思ってた。

 

けど、ハードル高い。

働き始めるまで、つまり就活の。

一般だと、「27歳既卒4年目職歴なし資格なし、空白期間は精神疾患により療養中」。

苦戦が目に見えている。

入れてもブラックすぎるところでしょう。

 

障害枠の方がいいかな。と最近思い始めた。

そのほうがハードル低い。

 

そんな、甘えたような理由で、障害枠にしようか考えてる。

 

ただ、金銭面で不安がある。

この先障害枠で働き続けて、そうすると給与は低いわけで、将来は不安。

そしてその金銭的不安がある限り、病気は治らないと思う。

障害枠で働いているがゆえに、抑うつから抜けられないとしたら、本末転倒。

 

もとは、障害枠で働き始めたとしても、次回の手帳更新時には更新しないつもりで、つまり仕事も一般枠に切り替えるつもりだった。

だけどそんなにうまくはいかないだろう。

 

主治医は協力的な(というか患者に利が出るように図る)人だから、次回更新時、たとえ状態が手帳3級に該当するレベルでなくても、手帳出るような診断書書いてくれるだろう。

 

 

「障害枠に決めました」って、就労移行のスタッフに告げようか、迷ってる。

まだ、迷ってる。